001-ドイツのマグカップ

a0138625_1795635.jpg

大学4年のとき、当時のゼミ仲間でドイツに行った。
ハンブルグまで特急の電車に乗って行って、
11人いたゼミ仲間たちはそれぞれ行きたい場所へ散った。
街の写真が撮れればそれで良くて、観光物に興味のなかった私は
仲の良い男友達と、ただふらふらとハンブルグの街を歩いた。
そこで見つけたのが、ユザワヤみたいな大きなデパート。
ちょっと薄暗いのもユザワヤに似ていて、
服や雑貨、布なんかがフロアに分かれて販売されており、見ているだけで面白い。
男友達はそこで皮のライダージャケットを買い、私は写真の青いマグカップを買った。

なんとなく色と形が良くて、ワゴンに積まれて安売りしていたマグカップ。
一緒にいた男友達も、同じ形のオレンジ色のものを2つ買っていた。
(後日その男友達の家に遊びに行ったら、彼女と二人で使っていた)

東京に帰ってきてからそのマグカップを愛用し始めて、
その形と重さ、入る量、色のバランスが完璧だと思った。
東京では、なかなかこんな完璧なバランスのものは見つからない。
同じタイプのものがネットで買えないかと思って調べたら、
このブランド「Mitterteich」は2005年に倒産したらしい。

以来、このマグカップにはカフェオレやチャイを入れて大事に使っている。
牛乳・豆乳系はこれじゃないとダメなのだ。他のマグカップでは味に深みが出ない。

じゃあお茶はどのカップに入れるかと言うと、
写真奥の緑色のカップ。草の写真がプリントされている。
これは青山で仕事帰りに入ったショップで一目惚れして買った。
偶然にも、これもドイツ製だった。
いつか素敵なマグカップを探しに、ドイツに旅に出たい。
[PR]
by jazzmoca-2 | 2009-07-12 17:36 | 雑貨


日々のいろいろ >>